スポンサードリンク

2007年07月21日

CADスクールが人気の理由

CADスクールは近年本当に人気がありますが、CADスクールが大変にぎわっている理由として、CADを使える人の絶対数が不足していることがあげられます。

 それに、CADはいまや、機械・設備・電気・電子メーカー建築・土木業界などをはじめ、インテリア・アパレルから福祉分野まで、幅広い分野から必要とされる存在になっているため、それぞれの業界でCADを使える人が求められているのです。

 実際、CADの求人数はかなりの数存在します。

 最近は、新聞の求人欄を見れば、必ずといっていいほどCADの求人募集が載っていますし、むしろCADの求人が載っていない日のほうが少ないのではないでしょうか。

 現在では、CADを使用する分野の広がりとともに、多くの会社がCADを使いこなせる人材を求めるようになっていることの表れでしょう。

 CADを覚えることは一つの技術を取得することだから年齢は問わないケースがほとんどで、何歳でも就職できる可能性があります。

 ただし、CADを覚えれば必ず就職できるという保証は残念ながらありません。

 ただ確実にいえることは、CADを使いこなせる人は就職の際にかなり有利になることだけは間違いないということです。

 CADスクールのサイトを見ているとCADを取得した際の就職先などが紹介されていたりもしますので、もしCADの資格をいかして就職したいのなら、そちらからあたっていくのも手でしょう。

 CADによる就職先は設計事務所や製造会社に限定されるものでもないようです。
 
 どうやら就職先の分野も様々で、「技術職、手に職」でずっと活かせる技術を探している人にはCADはぴったりなのかもしれません。
posted by CAD at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | CAD

2007年07月16日

CADスクールにいってみよう!でもCADって難しくない?

 CADスクールに行く前にそもそもCADって初心者には難しいのではないかと思われる人も多いと思います。CADについてあまり知らない段階では、確かに不安ですよね。

 確かにパソコンの操作に慣れていない人は、いきなりコンピューターソフトを使ってみてといわれても使えるわけがないですけど、実際にはCAD自体はそれほど難しいものではありません。

 CADスクールでCADを勉強したいという知人に相談されたことがあるので言っておくが、CADというソフトの操作自体は決して難しいものではないし、慣れてしまえばむしろ設計を簡単に、スピードアップして行えるソフトです。

 CADは、簡単に言ってしまうとパソコンの中に入った定規とコンパスのことです。

 複雑な図面は、もちろん完成までに時間を要するかもしれませんが、言ってしまえば、すべて単純な「線」や「円」が組み合わさったものなのです、ひとつひとつの作業を積み重ねることができる人であれば、CADは容易に操作できるようになります。

 CADスクールがこれほどまでに広まったのも、CADの操作自体はそれほど難しくないということも一因としてあると思います。

 CADの操作自体が難しいのであれば、ここまでCADが広がることも無かったでしょう。

 設計の仕事をしてみたいけど、CADが難しそうだ、という理由で敬遠していた方は、CADスクールに思い切って行ってみることであなたの将来の可能性が開けるかも知れませんよ。

 CADを使うことによって、これまで経験によって図面に出ていた「差」も無くなり、未経験では難しいと思われがちだった設計・製図作業の分野が、誰でも目指せる分野になったのは確かです。

 設計・製図といった技術系の仕事だったものが、あらゆる人達が挑戦できる仕事になったのもCADの普及があればこそです。

 こういったCADのようなソフトの出現により、誰でも才能を見つける可能性が広がったというのは、素晴らしいことだと思いませんか?
posted by CAD at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | CAD

2007年07月14日

CADスクール人気

現在CADスクールが大変人気です。

 しかし、コンピューターに疎い人(コンピューターに普段触れている人でも)意外と「CADって何?」という人が多いのも事実です。

 ここではCADとは何ということから、CADスクールの現状などを解説していきます。

 CADとは【Computer Aided Design】「コンピュータ支援設計」の略です。

 つまり図面を描いたり、デザインするためのコンピューターソフトのことをいいます。

 実際にCADを使う機会がある人や、専門学校に通ったことのある人くらいしか、知らないかもしれませんね。
 
 CADが使われるようになる以前は製図やトレースという手作業によって紙に設計図面を作成していたのですが、今では設計図は、CADを使ってコンピュータ上で描いているのがほとんどです。

 CADが製図やトレースなどに変わって脚光を浴びてきたのには5つの理由があります。

・CADのほうが手作業よりも図面の修正が簡単にできる。
・CADのほうが複雑な表現が可能である。
・CADのほうが計算せずに寸法が確認できる
・CADのほうが図面のコピー、データの受け渡しが簡単にできる。
・CADのほうが設計段階でのシミュレーションが可能である。

 CADスクールはCADというコンピューターソフトを使うことができる人間を養成するために作られたものです。
 
 最近の求人ではCADオペレーターやCAD技術者などの需要が急増しています。

CADスクールの人気はCADの求人の多さからも推測できるというものです。

将来設計の仕事にかかわりたい人には、必須の資格となってきていますので、そういう人はこのブログ、要チェックですよ!
posted by CAD at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | CAD