スポンサードリンク

2007年07月14日

CADスクール人気

現在CADスクールが大変人気です。

 しかし、コンピューターに疎い人(コンピューターに普段触れている人でも)意外と「CADって何?」という人が多いのも事実です。

 ここではCADとは何ということから、CADスクールの現状などを解説していきます。

 CADとは【Computer Aided Design】「コンピュータ支援設計」の略です。

 つまり図面を描いたり、デザインするためのコンピューターソフトのことをいいます。

 実際にCADを使う機会がある人や、専門学校に通ったことのある人くらいしか、知らないかもしれませんね。
 
 CADが使われるようになる以前は製図やトレースという手作業によって紙に設計図面を作成していたのですが、今では設計図は、CADを使ってコンピュータ上で描いているのがほとんどです。

 CADが製図やトレースなどに変わって脚光を浴びてきたのには5つの理由があります。

・CADのほうが手作業よりも図面の修正が簡単にできる。
・CADのほうが複雑な表現が可能である。
・CADのほうが計算せずに寸法が確認できる
・CADのほうが図面のコピー、データの受け渡しが簡単にできる。
・CADのほうが設計段階でのシミュレーションが可能である。

 CADスクールはCADというコンピューターソフトを使うことができる人間を養成するために作られたものです。
 
 最近の求人ではCADオペレーターやCAD技術者などの需要が急増しています。

CADスクールの人気はCADの求人の多さからも推測できるというものです。

将来設計の仕事にかかわりたい人には、必須の資格となってきていますので、そういう人はこのブログ、要チェックですよ!
posted by CAD at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | CAD
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4698351

この記事へのトラックバック